イタチ駆除やねずみ駆除で平和な生活|スマイルライフ守り隊

作業員

忍び寄る危険

シロアリに好まれる環境

日本の住宅によく発生するシロアリですが、住宅にとってはとても注意が必要です。やっかいなシロアリですが、実はおなじ地域にある住宅でもシロアリの発生する住宅もあれば、全く発生しない住宅もあるのです。その違いはシロアリの住みやすい環境の住宅なのか、そうでないのかの違いによるものなのですが、その違いをしっている人は多くないのです。 ほとんどの人は害虫が住まない環境の住宅に住みたいと希望しているため、ここではどういった住宅がシロアリに好まれるのか、どういった住宅にすれば害虫がいなくなるのか紹介していきます。まずシロアリなどの害虫が一番好む環境は、湿気がある場所になるのです。ですから雨漏りなどがする住宅は、特に注意が必要です。

雨漏りする住宅は要注意

もし雨漏りが発生した場合には、すぐに対処して雨漏りを防ぎ、住宅の中に水分を入れない事を考えなくてはならないのです。屋根から雨漏りがする場合意外にも、外壁や基礎からも雨が侵入してくる場合も多いため、日ごろからメンテナンスをしっかりやる事が大切なのです。シロアリはジメジメした環境を好むため、床下に住み着く事が多いです。ですから床下には多くの通気口を作り風通しをよくする事が重要です。 また押入れや家具の後ろなど、空気が入れ替わりにくい場所もシロアリの住む場所として多いので注意が必要です。現在の住宅は密閉性が高い住宅が多く、一度湿度が住宅の中に入り込んだら外に抜けにくいものが多いです。そのため入りこんだ湿度を外に排出する事が大切なのです。